女性用風俗性感マッサージエステについてのまとめサイト

女性用風俗店が全国的に増えていますが、同じ風俗でも男性向けの風俗サービスとは中身が大きく異なります。女性用風俗では、主に性感マッサージとオイルマッサージを行い、心と身体の疲れを癒やしつつ、オーガズムへと導いていくのが流れです。オイルやパウダーを使用して全身をマッサージし、一般的なエステのマッサージと同様に体のコリをもみほぐしていきます。その後に性感マッサージに移行して、口や舌を使ってリップをし、バストや性器周りの愛撫に進んでいくのが特長です。

女性用風俗性感マッサージエステは店舗型と派遣型に分かれますが、全体的に見ると派遣型が主流です。風俗エステを利用していることを周囲に知られたく、他のお客さんと顔を合わせるリスクがある店舗型は好まれません。料金形態は男性風俗と同じく、時間に応じて料金が変動するシステムです。60分1万円くらいから利用できるお店も多いですが、マッサージに時間がかかることから120分以上のコースを利用する人が中心になります。

女性風俗店は昔からありましたが、以前はお金に余裕があるマダム層の利用が中心でした、現代では30~40代の一般的な主婦の利用が増加傾向にありますが、セックスレスが原因になっている場合がほとんどです。夫との性生活がなくなり、性欲を上手に処理できなくなり、浮気や不倫に抵抗があるという理由から女性用風俗に走ります。20代や50代の女性利用も増えていますが、膣イキやクリイキなどオーガズムを感じてみたいという理由が大半です。

施術は決まった流れで行われますが、膣内に指を入れて欲しくない、舐めて欲しくないなどの要望がある場合は事前に受けるカウンセリングで伝えておくと対応してくれます。男性向けの風俗と違って女性風俗性感マッサージでは、必ずカウンセリングを受けるので安心です。セックスは基本コースに含まれませんが、お店によっては追加オプションで対応してくれる場合もあります。

女性用風俗店で気になるのが、対応してくれるセラピストの男性です。20代から30代くらいの男性が多く、清潔感のあるイケメンが多くいます。女性をエスコートすることに慣れている男性が多いため、女性はお姫様気分を味わうことができるでしょう。マッサージサービスが中心になりますが、マッサージの資格を取得しているセラピストも多くいます。純粋にマッサージを受けるだけでも充実したものになるでしょう。女性はつながりを大切にするため、女性用風俗店で勤務している男性も自然と女性好みの男性が集まります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です